このブログの目指すものについて 雑多な内容で読みづらくて申し訳ありません

今更ながらこのブログの但書き

9月に入りまして、このブログを今年4月に始めて早5ヶ月が過ぎました。いつも読んでくださる読者の方には本当に感謝しています。8月は読者が300名を超えるまでになりました。こんな雑多な内容のブログをこんなに読んでくださる人がいることが有難いと思います。

そもそもこのブログを始めたきっかけは、私が人生を懸けて調べたり、学んだりしたことを、一人でも多くの人に伝えて役立ててもらいたいと思い立ったからです。今から8年ぐらい前からブログをやりたいと考え、そのためにひたすら勉強してきました。

世の中を良くしたい 変えたい」という思いで、このブログのタイトルのとおり「美しい国ニッポン?」美しい国と、ただ称賛していていいのかという疑問を抱きながら、日本とは何なのかを追い求めてきました。

そして、日本文化の神髄を知るために神道を学び、今は神職として神社に奉仕する道を歩んでいます。

その過程でいくつか気付いた面白いことがあります。例えば芸能に関しては、神事や呪術から発生した芸能が俗なるものを生み、やがて神聖化していく文化のあり方ですとか、ロックミュージックと神道や日本文化との共通点を見出したりしました。

狂言や能、歌舞伎が民衆から生まれた芸能ですが、今となっては伝統芸能であり、継承者は人間国宝ですし、今では神事の際にも奉納されます。ロックミュージックもそうです。不良や悪魔の音楽とされたロックですが、今となっては大統領までもがファンであったり、アーティストが選挙応援を行ったりしています。流行の流行り廃りがありますが、周縁から中心へと向かう過程でカッコよかったモノがダサいモノへと変容してしまうのだと思いますし、どうしてそうなるのかもこれから考えを記事にしたいと思います。

あと、これも発見したことですが、ロックミュージックは神道の行法、霊魂観と共通するメカニズムを有します。ロックは鎮魂の呪術なのです。これは今後記事にします。

雑多な内容について

このブログのサブテーマ「日本とは何か?歴史・宗教・文学・音楽・映画・サブカルチャーから読み解く」の通り、我々の身の回りにある様々な「文化」によって日本という国を観測していっているのですが、あまりにも雑多な内容でブログとして読むには大変読みづらいのではないかと思います。

歴史、日本神話からいきなりロックミュージックの話ですかという具合ですから。しかし先ほど述べました通り様々な文化の比較によっていろんな面白い発見があります。ですので長いスパンといいますか、このブログの一つ一つの記事がモザイク画の一つの点となり、新しい日本文化像を描き出すと信じて地道に書き続けてみたいと思っている次第です。

読者の皆様、どうか興味のある記事だけ読んでください。無理してなんでも読もうとなさらないでください。でもいいなと思ったら記事の文末の方にはてなブックマークのボタン🅱(実際は青色)を設置していますので、クリックしてシェアして戴ければ幸いに存じます。(はてなブックマークのアカウントの作成が必要となますm(_ _)m)

他にもSNSのボタンを設置していますのでシェアをお願いします。一人でも多くの人にこのブログを読んでいただきたいと思います。その結果は追って報告致します。

当ブログは、記事がまだまだ少ないので、なかなか検索エンジンにひっかかりません。ですので、できるだけ拡散して読者を広げられたらなと思います。仕事と家庭を持っていますので中々時間が取りづらいのですが、頑張って更新していきますのでご支援のほどよろしくお願い致します。

世の中は良くなるのか?

これが最重要テーマであり目的なのですが、なぜ世の中は良くならないのか?という答えは沢山見つけました。それを一つ一つ改善できれば希望も見えるのではないかと思いますが、それは「磨斧作針」(まふさくしん)といって、斧をひたすら削って針を作り出すような地道な試みといえます。しかしそこへ至る道はあるし、希望もあります。

世の中を少しでも良くする。その方法を示すのがこのブログの役割です。でも面白い内容でないと誰も読みませんから、ブログとして読める面白さも追求し、今後も頑張っていきます。どうぞ応援のメッセージもお寄せください。ご意見、ご感想をお聞かせ戴ければ今後の記事に反映させて戴きます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*